2011年10月9日日曜日

秋の被災者招待事業/青森県弘前市


 青森県弘前市では、"被災地支援協同プロジェクト"として、被災地(ただし東北地方限定)の15名規模の任意団体、NPO等を対象に、招待事業を実施しています。一部終了済みですが、まだ応募可能な取り組みもありますので、ご紹介します。
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/kakuka2/HSC01-0000000585/index.html
写真は、岩木山頂から望む紅葉
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東日本大震災被災者の招待・交流事業について 
(2011年09月27日)

「弘前市被災地支援協働プロジェクト」の一環として、
秋の期間における招待・交流事業を実施し、震災被災者を支援します。
 事業の内容については、PDFファイルをご覧ください。
(引用者注:PDFの内容のコピーを下に転載しています)
 なお、申請方法や詳細はお問い合わせください。

■ 問い合わせ先
 弘前市役所 企画部 被災地支援対策室
 電話:0172-40-7100
***********************************************
被災者招待・交流事業要綱
1.趣旨
被災者の心身リフレッシュをはじめ、団体等の活動を通じての交流などにより、被災地の復興支援の一助となることを目的とする。
2.基本的な考え方
○ 市民との協働を基本に、受入体制が可能な団体(地域団体を含む任意団体、NPO等)または市が主体となって、交流等を目的とした受入事業とする。
○ 対象は15名程度以上の団体とし、最大2泊3日の宿泊を基本とする。
※個人単位での受入については、当該事業の対象外とする。
○ 当該事業の実施段階において要望等があった場合には、個々の事情を勘案して相談に応じる。
○ 市の関与としては基本的に経費面での支援とし、そのほか(※)については受入団体等が責任をもって実施する。
※現地との連絡調整、添乗・接遇など
3.事業内容
(1)笑顔プロジェクト ~菊と紅葉まつり、りんご収穫体験招待ver.
さくらまつり及びねぷたまつりへの招待に続き、被災者の方を「菊と紅葉まつり」や「りんご収穫体験」へ招待する。
①対象者
東日本大震災における災害救助法適用地域(東北地方に限定)に居住する方
②実施期間
10月21日から11月13日まで
③対象経費
○宿泊費(一泊朝夕食付で1人当たり13,000円を上限)
○移動に係るバス代
○食事代
などの滞在に要する経費
(2)笑顔プロジェクト ~地元産品支援ver.
被災地の地元産物のPRと販路拡大を支援するため、直販の場を提供するとともに、今後の交流のきっかけとする。
(例えば、「津軽の食と産業まつり」「弘前マルシェ FORET(フォーレ)」などの活用)
①対象者
東日本大震災における災害救助法適用地域(東北地方に限定)に居住する方で商売を営む方、または商業団体など
②実施期間
9月22日から11月末まで
③対象経費
○宿泊費(一泊朝夕食付で1人当たり13,000円を上限)
○移動に係るバス代
○食事代
などの滞在に要する経費
※資材運搬などに要する経費については、自己負担とする。
(3)文化・スポーツ交流招待
文化・スポーツ面において、被災地の子ども達に楽しんでもらう機会を提供するとともに、被災地と市内の子ども達の今後の交流のきっかけとする。
①対象者
東日本大震災における災害救助法適用地域(東北地方に限定)に居住する小中学生、及びその保護者と引率者等。
②実施期間
9月22日から11月末まで
③対象経費
○宿泊費(一泊朝夕食付で1人当たり13,000円を上限)
○移動に係るバス代
○食事代
などの滞在に要する経費
(4)弘前スポレク祭招待
(10月9日、10日実施につき、省略)

0 件のコメント:

コメントを投稿

メールを送って頂ければ読者登録いたします。Follow by Email