2012年10月18日木曜日

8月の活動報告~その5 福島編(下) 吾妻小富士観光




 ようやく、8月の報告もラストです。
 福島で太陽の講演会をした翌日、広島の保養プランを終えて、福島に戻って来られたばかりの吉野裕之さん(こども福島の中心メンバーとして知られていますが、シャロームのスタッフもされています)が、お疲れのなか、磐梯・吾妻方面にドライブに連れて行ってくださいました。吉野さんとは、昨年4月に振津さんや宮腰さんらと福島を訪ねた折に、お近づきになりました。
 ドライブとはいえ、そのあいま、あいまに車を止めて、吉野さんの簡易測定器でドライブウェイ周辺の放射線レベルを測りながらの観光でした。
 私の問題意識は、放射能雲をせき止めるような働きをした磐梯・吾妻山系の山々の山腹や稜線付近の放射線レベルは依然として高いのではないか、というものでした。
 いろいろな場所で測定をしましたが、放射線のレベルはおおむね0204マイクロシーベルト毎時でした(同じ日の福島駅前のモニタリングポストの値は06レベル)。草むらのようなところや窪地はやはり高く、お鉢めぐりをした吾妻小富士の稜線は、むしろ低い値でした。風雨にさらされて、草木の少ない山の稜線は、風化作用が大きく、放射性物質を含む土などは、標高の低い方へ流れているのだと思われます(この推測は、阿武隈川等の河川に放射能が流れ込み、猛烈に汚染が進んだという事情とも合致すると思います)。
 道すがら、ふだんは放射能がらみのお話しかするチャンスがない吉野さんと、よもやま話もできました。吉野さんは、仏文専攻だそうで、今時の学生は、仏文(ふつぶん)のことを“フラぶん”と呼ぶ、と話したら、たいそう呆れていました。吉野さんが学生時代によくご覧になった映画のことなど、談論風発、おかげさまで、この日も楽しい時間が過ごせました。


 8月には、宮腰さんは、広島のキャンプの応援に行かれ、子どもたちに人気があったようですが、こうした子どもキャンプの報告はデリケートな面が強いので、また別の機会に宮腰さんから報告してもらえれば、と考えています。            (滝澤)

2012年10月5日金曜日

8月の活動報告~その4 福島市「太陽」講演会(上)

 早10月の声を聞き、秋色も、いよ深まる昨今、いまさら8月の報告というのも、時宜を失した感はございますが、お世話になった皆様へのお礼やご挨拶も兼ねて、記事に致します。

昨年の原発事故以来、いろいろとお世話になってきたNPO法人シャローム(大竹静子代表)のお招きで、825日に福島へ行ってまいりました。当日は、20名ほどの方々にお集まりいただき、私の拙い話にお付き合い戴きました。私の話が長引いたのに加え、多くの皆さんから活発なご意見やご質問を賜り、会は予定を30分以上オーバーして終了しました。会を終え、解散後に、中学生くらいの(もし高校生だったら御免なさい)男の子が、「地球の磁極の移動が近年加速しているのは、太陽の活動と関係あるのですか?」という極めて専門的で、むずかしい質問をしてくれて、大変驚きました。
このテーマは私の専門外で、ほとんど知識がなかったため、「詳しいことはわかりませんが、ひょっとしたら関係があるかもしれませんね。」などと、その場では、いい加減な回答しかできませんでした。
太陽が約11年周期で磁極が反転するように、地球の磁極も100万年に1.5回の割合で反転していることが、古地磁気学などの研究からわかっています。ただし、こうした磁極の反転がなぜ起こるのか、という原因については、明確な答えはまだ得られていません。地球の磁北極は、20世紀の100年間で1000km以上も移動しており(下図参照)、その原因も、解明されていません。ただし、日周運動によって、太陽からの荷電粒子の影響で、一日のあいだでも、周期的に数十キロ程度の変動があることが知られており、地球の磁極の位置が、もっと長い周期で太陽からの影響を受けている可能性もあるかもしれません。テーマとしては、研究する価値があるものではないか、と思います。
散会後、岐阜から(だったと思います。これも間違っていたらごめんなさい)来られた、シャロームの友誼組織の方やご同行の福島学院大の先生等と、新規事業(障害者の自立支援に関わるものつくり事業)に関する懇談の場に同席させていただきました。
その後、中華料理店で晩御飯をご馳走になった上に、講演会にもご夫婦でご参加くださった野内さんから、太陽にちなんで、イタリア語の「オーソレミオ」の歌のプレゼントまでしていただき、たいへん感激いたしました。(野内さんには、昨年、土壌サンプルの採集の際にも、たいへんお世話になりました。ありがとうございました)
こんなわけで、原発事故被災地を訪ねて、どちらが支援しているのか、支援されているのかわからないような有り様で、誠にお恥かしい限りですが、お陰様で旧交を温め、楽しいひとときを過ごすことができました。(つづく)  (滝澤)


メールを送って頂ければ読者登録いたします。Follow by Email