2013年8月23日金曜日

8月25日(日) 原発事故子ども・被災者支援法 学習会イン京田辺

急告ですみません。先ほどメールで知った情報です。
 汚染水が漏れ続いている、甲状腺ガンの発症など、被害の全体像が未だに明らかでない、現在進行形の事故として、福島原発事故を社会全体で関心を失わずに、注視し続けることが大切です。住民の被曝問題ももちろんのことですが、事故収拾のために動員されている作業員が、最も深刻な作業被曝にあっていることも忘れてはいけません。

 原発事故被災者の救済が進まない実情を知ることを含め、以下の学習会をおすすめします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原発事故子ども・被災者支援法学習会in 京田辺
~ ご案内 ~

3・11東京電力福島原発事故をこの国が抱えてから3回目の夏。
皆さまいかがお過ごしですか?
この2年半に起きた、苦しいことも悲しいことも悔しいことも、
支えあって乗り越えていきたい。
今起きつつある様々な問題も、その被害を最小限に食い止めたい。
「原発事故子ども・被災者支援法」は、そんな想いをこめて、
知恵をこらして作られた法律です。
福島が、東日本が再び立ち上がるために。
日本全体が、私たちの故郷が、希望ある未来を紡ぐために。
この法律が示す被災者支援の在り方と可能性を知り、
これを実現するために、今私たちはなにができるのか、探りたいと思います。多くのみなさまのご参加をおまちしております。

とき:2013年8月25日(日)午前10時~12時
ところ:京田辺市社会福祉センター2階 地図↓

http://www.kyotanabesyakyou.com/other/inquiry.html


講 師:満田夏花(みつたかんな)さん(FoE Japan 理事)

資料代 500円

主 催: ふくしま月あかりの会
お問合せ: 070-5537-0478 (うの)

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

メールを送って頂ければ読者登録いたします。Follow by Email